取り付け例

取り付け

弊社で太陽光発電システムを取り付けた屋根の一例です。

 
  切妻屋根への取り付け例です。
切妻屋根とは、開いた本を伏せたような形をした、シンプルな屋根です。
屋根面が長方形なので、効率よくパネルを配置できます。
 
  寄棟への取り付け例です。
寄棟とは、4方向に傾斜を持った屋根です。屋根面は台形(右図のピンク部分)と三角形(同図のミドリ部分)になっています。
雨の流れがよい形ですが、屋根面に斜めの線があるのでパネルの配置が重要になります。
京セラのパネル〔サムライ -SAMURAI-〕は、1枚1枚のパネルを小さく作っていますので、変形の屋根でも屋根面を無駄にすることなくパネルを配置できます。
さらに、斜めの稜線に合わせて三角コーナーカバーを設置し、外観も美しく仕上げます。
 
  陸屋根への取り付け例です。
陸屋根とは、傾斜のない平らな屋根のことです。
太陽光が効率よくパネルに当たるよう、角度をつけて設置します。
なお、陸屋根では大きめに作ったパネルを使用します。

 
 
希少なアルガンオイルに広島県産大長レモン油をブレンド
施工実績
ソーラー施工実績132棟 (2016年8月末現在)

T様邸の場合

        昨年の6月に設置しました。娘が出産で帰ってきて、それまでは買電より売電が多かったのですが、先月初めて逆転し電気代がかかってしまいました。

O様邸の場合

       昨年の6月に設置しました。今まで電気代は支払うのが当たり前だと思っていました。今では削減分でローンも払えて、貯蓄も増えています。それに主人の夕食も一品増える事も多々あったりして・・・・。